【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

不動産売却で困ったときのつなぎ融資の知識

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/09/09

神戸で不動産売却を行う方につなぎ融資の利用が増えています。不動産売却と同時に新しい物件への住み替えを考える際、購入代金の支払いのほうが売却代金の受領より先に来るケースが多いものです。つなぎ融資を活用すれば売却代金の入金までの支払いに対応可能になります。今回は神戸で不動産売却を考える方につなぎ融資の内容を紹介します。

不動産売却の際につなぎ融資を利用するメリット

神戸で不動産売却を考える方には、自分が所有する物件を売却した代金を使って、新居の購入を検討するケースも多いものです。住み替えのタイミングによっては、売却代金の入金が間に合わず、手元資金が足りなくなることも有り得ます。

不動産売却において利用されるつなぎ融資は、新居の購入資金が足りないときに利用する短期融資です。通常の不動産ローンとは違い、返済期間が短く、金利が高めに設定されている特徴があります。不動産売却が計画通りに実施されずに、予定通りに入金されないことも不動産売却ではしばしばあるものです。物件の売却が済む前に新しく購入した不動産の支払いが迫って来た場合には、つなぎで融資を利用するケースも少なくはないのです。

つなぎで受ける融資ですから、返済期間は短くなります。返済が遅滞すると、多くの損害金を支払うことにもなります。つなぎ融資を利用した際には、借り入れ金額を一括返済するために、早めの売却完了を目指すことが大切です。

つなぎ融資を利用する際の注意点

神戸でも、つなぎ融資を提供する金融機関は多いものです。住み替えの際につなぎで融資を受けるには、売却する物件代金が買い替え物件の購入代金に充てられる状態であることが必要になります。短期融資であるため、借入金の支払い期限がすぐに訪れてしまうからです。

住み替えのために購入した物件の代金支払い期日が訪れたときに、売却した物件の代金が入金されていなくては意味がありません。手元に資金がない状態では、返済金額を賄うことができなくなってしまうからです。つなぎ融資を利用した際には、できるだけ早く物件売却が成約するように仕向けることも必要です。

不動産を売りに出してから、長きにわたって成約する見込みを感じられない場合には、売出し価格を下げてみるのもよいでしょう。つなぎ融資を返済することが可能な、ギリギリのラインまで、売出し価格を低くしてみるのです。一括で返済を行わなくては、遅延損害金が生じるのがつなぎ融資です。購入物件の代金支払いまでに、資金を用意しておくことが大切だからです。

つなぎ融資を利用する際のデメリット

つなぎ融資の利用を考える神戸の方も、いくつかデメリットがあることを意識しておくことが大切です。短期で一括返済が必要となる融資ですから、住み替えに利用するときには、それなりな金額での物件売却を行う必要が生じるものです。

物件の立地がよくなかったり、近隣の環境に問題があったりする場合などでは、スムーズに買い手が見つからないことも有り得るものです。物件を売り出してから、長きにわたって買い手が見つからない状態で、つなぎ融資を使っての住み替えではよくありません。事前に自分が所有する物件が、どの程度の価格で売れるかを把握しておき、売却計画を立てることが大切なのです。

スムーズに高値での売却を実現させるためには、取引する不動産会社を選ぶことも大切です。公示地価などの開示されている情報を使って、自分が所有する物件の売却相場を把握した後には、一括査定を使って、高値での買い取りが可能な不動産会社を探していくことです。多くの不動産会社に査定を依頼すれば、売却が長引いたとしても、利益を見込める会社が見つかるからです。

 

神戸で不動産売却を行う方に、つなぎ融資の利用が増えています。住み替えを考えて物件を売りに出しても、新しい住居の購入代金支払いまでに、売却代金が入金されないケースが多いからです。つなぎで資金を借りることで、スムーズな住み替えが実現していくのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
神戸の不動産売却会社ランキング!
第4位 RESTA
RESTAの画像
記事一覧