【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

不動産売却をするのにかかる税金を節税するコツ

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/13


不動産売却に関係する税金はわかりにくく、不動産売却でせっかく利益が出たのに税金が多く課税されていたという人も多いでしょう。基本的な計算を理解しておいたり、節税方法を事前に知っていると税金を抑えることが可能です。不動産について調査したり確認が必要になるので、節税に強い神戸の不動産会社などに相談すると便利です。

売却するにはタイミングが重要

不動産売却における節税方法について、取得費用を正確に計算することが求められます。不動産の取得費がわからない場合、譲渡価額5%を概算費にして処理することが可能です。しかし概算費では損になることが多いので、正しい費用を理解するため手に入れた時の書類などは紛失しないよう注意しましょう。

取得費が多くなると節税できるのですが、同時に不動産売却益は少なくなります。自宅などの売却なら問題はありませんが、事業用などの不動産売却の場合利益が少ないと何かしら悪影響を及ぼすかもしれません。そのため、税金と利益とのバランスをじっくり考慮することが求められます。

所有期間が長いと税率が低くなる特徴があり、不動産売却する場合所有期間が長ければ長いほど不動産譲渡所得税率が低くなる仕組みです。長期譲渡と短期譲渡ではかなり税金が変わるケースがあり、マイホームの場合所有期間は10年超えると、軽減税率特例を利用できます。

所有期間が長いとその分税率が低くなるので、5年超や10年超保有してから不動産売却するとお得です。いつ売却するのがよいのかわからないなら、神戸の不動産業者に相談するとアドバイスを受けることができます。

住民税と所得税を抑えることが可能

譲渡損失が出た場合、損益通算や繰越控除などを行うことが可能です。所有期間が長くなると価値が下がるので、譲渡損失が発生するようになります。譲渡損失が発生した場合、確定申告によって損益通算や繰越などを行うことにより、所得税や住民税などを抑えることが可能です。個人がマイホーム売却で譲渡損失が出ると特例を利用できるので、不動産売却において利益の有無に関係なく確定申告を行うことをおすすめします。

その他いろいろな特例などがあるので、最大限活用するとお得です。住宅ローン控除の場合、住宅ローンを利用しマイホームを購入すると住宅ローン年末残高1%に関して税額控除を利用できます。年間控除額について最高40万円で期間は10年になります。

マイホームを売却しローンを利用し新居を購入する場合、住宅ローン控除を活用すると所得税と住民税を抑えることが可能です。尚、不動産が3,000万円特別控除を受ける場合、住宅ローンでは利用できなくなります。住宅ローンなどについて、神戸の不動産会社に相談しましょう。

いろいろな特例があるので活用しよう

相続した空き家を売却した時の特例もあり、相続税を支払っていると取得費加算の特例を利用することが可能です。相続してから3年以内空き家を売却すると、課税譲渡所得の計算時に払った相続税について取得費にプラスできるので節税できます。不動産売却する際、取得費加算の特例を受けられるか調べてみましょう。

節税などに強い神戸の不動産会社に協力を依頼してもよく、不動産譲渡所得税などは特例が多いので方法が多く考えられます。特例を受けるためいろいろな条件を満たしているかなど、事前に調査や確認などが必要です。

不動産売却などの知識がないなら、適切な方法を判断することは困難です。不動産売却にかかる税金について、神戸の不動産会社に依頼するとお得な情報を入手できます。信頼できる会社を見つけると、アドバイスを受けたり税理士の紹介などいろいろなサービスを利用することが可能です。気軽に相談できるので、上手に活用することをおすすめします。

 

不動産売却での税金を節税したい場合は、計算や特別控除について理解を深めることが大切となります。不動産売却における節税方法は多く存在しているので、不動産会社に相談するのもよいアイデアといえるでしょう。不動産会社では適切な方法を提案してくれたり、税理士の紹介などサポートしてくれるので、安心して売却できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
神戸の不動産売却会社ランキング!
第4位 RESTA
RESTAの画像
記事一覧