【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

不動産売却を少しでも高く売る方法はある?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2019/12/25

不動産売却を考えている時、少しでも高く売りたいと考えるのはもっともなことでしょう。高額で売却できる工夫などはあるのでしょうか。不動産売買における一般的な考え方について確認して、アプローチ方法を考えてみましょう。また、それぞれのアプローチについてどのくらいの効果を期待できるのか、労力としてどのくらいかかるのかを紹介します。

一般的には相場から大きく外れることは難しい

不動産売却をするときに理解しておきたいのが、相場よりも高く売るのは困難だということです。情報化社会になった影響で土地や建物の相場を把握するのが簡単になり、売り手だけでなく買い手も相場を確認してから交渉をするというのが標準的になりました。

それを前提にして不動産業者も取引を進める傾向が強く、相場から大きく外れた価格で売買するのは容易ではありません。しかし、工夫次第で少し高く売れるようなことはあるので努力してみましょう。

物件に対してできる工夫について知っておこう

物件についてできる工夫はあまり多くはありません。土地は地価に基づいて取引価格が決まってしまいやすいため、売るタイミングを見計らうのが重要です。地価が上がる傾向があるなら後々まで持っておき、地価が下がっているなら速やかに売るのが得策と言えます。

建物は経年劣化が進行してしまうので、基本的にはすぐに売るのがベストです。不動産売買のときには汚れや傷、見た目の印象などによって問題を指摘されてしまい、交渉による値下げを余儀なくされることもあります。最低限の清掃はした上で売りに出すことは欠かせません。

売り方についてできる工夫を知っておこう

売り方での工夫は価格に大きな影響を及ぼします。不動産売却のときには土地や建物の査定を不動産業者に依頼し、その査定価格に基づいて販売価格を決めるのが一般的です。

その査定によって相場に合った価格が決められていないと高くて売れなかったり、安く売ることになってしまったりするリスクがあります。自分で相場を確認すると共に、複数社で査定を受けてどのくらいの価格が妥当なのかを確認するのが賢明です。

また、取引価格は同じでも仲介手数料が少なければ手元に残る現金は多くなるので、仲介手数料が少ない業者を選ぶのも賢い方法でしょう。それに加え、シェアが広くて高額で販売しても顧客を見つけられる不動産業者を見つけ出すのも肝心です。顧客のニーズに合った物件なら相場よりも高く売れる可能性があります。

一方、取引に手間がかかるのを覚悟できるなら個人間取引をしても構いません。仲介手数料は一切かからないので、身近な人に欲しがっている人がいないかを確認してみましょう。

 

情報化社会となった現代では不動産売買のときに売り手も買い手も相場を理解した上で交渉するのが一般的になっています。そのため、大幅に相場よりも高額で取引するのは難しいですが、少しずつ工夫をすることに意味はあるので諦めてはなりません。

土地については地価に基づいて決まるのが基本なので、売るタイミングを見計らうことが得策です。建物については経年によって劣化が進んで価値が低下してしまうことから早く売るのが合理的で、見た目の印象を良くすることで高めの価格でも売れるようになる可能性があります。

一方、売り方としては不動産業者が仲介手数料をどのくらい取るか、シェアが広くて高額でも買ってくれる人を探せるかが重要なので比較検討するのが賢明です。また、個人間取引をすれば仲介手数料がかからない分は手取りのお金が増えるので、買い手が簡単に見つけられるかを検討してみても良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
神戸の不動産売却会社ランキング!
第4位 RESTA
RESTAの画像
記事一覧