【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

不動産会社の免許番号を確認して不動産売却を行おう

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/22

不動産売却をおこなう場合は、利用する会社によってはもしかしたら損失が発生してしまうかもしれません。だからこそ神戸で不動産売却をおこなうというときも、できるだけ良い不動産会社を選ぶようにするのが高額売却のためのコツです。

 

有利に売買契約を結べる業者選び

不動産売却をおこないたい場合、間に業者を入れることなく自分で買主を探すこともできないわけではありませんが、なかなか大変です。何より、自分の所有している不動産を買い取ってくれそうな人が知り合いにいないということも多く、かなり広い人脈が必要となる場合も少なくありません。

その点、不動産会社に仲介してもらって買主を紹介してもらうことができれば、広い人脈などは全く必要ありません。しかし選んだ会社によってその後の結果が大きく変わってくることがあるので、会社選びは十分気をつけておくことが必要です。

自分にとって有利な条件で売買契約を結ぶことができるように、優良の不動産会社を選ぶようにしましょう。

 

宅地建物取引業の免許番号を確認

優良不動産会社を選ぶことが自分にとって有利な不動産売買の契約を結ぶ第一歩と言えますが、それほど利用する業者ではないので、どこが優良かわからないことも多々あります。

ではその場合、一体何をチェックしてその業者が良いかどうかを判断できるようになるのでしょうか。その場合に参考になるのが、宅地建物取引業の免許番号と呼ばれるもので、この番号は不動産会社が宅地建物取引業の免許を受けたときに割り振られる番号のことです。

これは宅地建物取引業を営む業者を管理するための番号となっており、この番号がない業者は無許可で営業しているということになります。

ですから、どれだけ対応が良い業者であったとしても、この番号がない業者だった場合は分かった段階で早く取引を終わらせてしまいましょう。無許可の業者を利用した場合、なんらかのトラブルが発生してしまう可能性が考えられるからです。

 

番号からも分かる不動産会社の歴史

宅建業免許番号は、その不動産会社が許可を受けて業務をおこなっているということが判断できるものですが、実はそれ以外にも分かることがあります。それは、かっこの中に書かれている数字で、この数字が大きければ大きいほど歴史がある業者であるということになります。

通常、この免許に関して更新は5年に1回ということになっているので、かっこの中の数字を見れば、だいたい何年くらいは宅建業を営んでいるかが分かります。したがって、優良の不動産会社に出会うためにも、業者選びをする際は必ずこの免許番号を確認しておくようにしましょう。

また、番号に関しては不動産会社に問い合わせなくても、国土交通省の各地方整備局や各都道府県の担当課で調べることができます。さらにここでは宅建業免許番号だけでなく、取引件数や金額、さらに行政処分履歴なども調べることができるようになっています。

したがって、免許番号だけでなく行政処分履歴に関しても調べ、できるだけ行政処分を受けたことがない業者を選ぶことをおすすめします。

 

不動産売却をおこなう場合は、業者選びは非常に重要となり、選んだ業者によっても結果が大きく左右されます。できるだけ自分に有利な契約内容で、結果的に業者に騙されないようにするためにも、優良業者を利用するようにしましょう。

そこでチェックしておきたいのが宅建業の免許番号で、この番号があるかどうかをまずは確認しておきます。これらの情報は国土交通省の各地方整備局や各都道府県の担当課で調べることができるようになっています。

またそこでは免許番号以外にも取扱件数や行政処分履歴も調べられるので、できるだけ優良な業者を見つけるためにも忘れずに調べておくようにしましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
神戸の不動産売却会社ランキング!
第4位 RESTA
RESTAの画像