【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

神戸で不動産売却と住み替えの準備を上手に両立させる方法

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/15


神戸で不動産売却と住み替えを両立させる方法は、優先順位を間違えないことです。住み替えは不動産売却と新たな住まい、場合によっては仮住まいの手配を両立させなければならない大変な仕事です。そのためには全体の流れを把握すると同時に、優先順位をつけることが大切です。

売却の決め手となる信頼できる会社選び

不動産売却をスムーズに進めるには、不動産会社に売却を依頼する必要があります。依頼する会社は実績があり、信頼できるところでなければなりません。不動産売却では高く売ってくれる会社に依頼することも必要ですが、それ以上に責任を持って、確実に売却できる力のある会社を選びたいものです。

住み替えの場合の売却は新居探しも依頼しなければならず、スムーズに売れることが必要となります。こちらの要望を把握して、適切な売却先を見つけるのは誰にでもできるものではありません。信頼できる担当者は話してみてわかるものです。

会社の利益を第一に考える担当者は早く売ろうとだけ考えますが、信頼できる担当者は売主の要望を通そうとします。利益第一ではなく、顧客の利益を優先してくれる担当者を選ぶことが、スムーズな不動産売却には必要なのです。依頼する担当者が決まったら、専任媒介契約か専属専任媒介契約を結んで、安心して任せることが必要となります。

住み替えのポイントとなる新居の見つけ方

住み替えのポイントとなるのが新居の見つけ方です。新居は住み替えを決めた時点から始める必要があります。新居の契約は売却ができてからとなりますが、物件選びは早くから着手することが大切です。

新居の選び方には、土地探しと住宅建築を同じ会社に依頼する方法と、別々に依頼する方法があります。どちらの場合でも、土地選びが大切で、住宅の依頼先を優先して決める必要はありません。

土地を別に探す場合は、売却を依頼した会社に購入も依頼することが考えられます。不動産会社は多くの情報を抱えているので、良い土地を選んでもらう確率は高いと言えます。

ハウスメーカーに土地と住宅の両方を依頼する場合は、建築条件付となるはずです。建築条件付は土地を購入した場合、そこに建てる住宅の会社も自動的に決まる契約手法です。ハウスメーカーも自社が自由にてきる土地の情報を持っていますが、不動産会社ほどではありません。エリアは選べても、南側が道路と接しているなど、個別の条件はクリアしていないことも考えられます。

スムーズな住み替えのための段取り

スムーズな住み替えのためには、土地の売却と新居の購入の時期に注意が必要です。土地の売却には通常譲渡税が発生しますが、買い替えの特例を適用すれば、税金が軽減されます。適用には土地の売却時期と新たな住まいの購入時期に一定の条件が定められているので、その条件を守る必要があるのです。

税金以外でも注意するポイントがあります。住み替えでは土地の売却を優先することが大切で、新たな住まいの購入だけが決まっても、土地の売却が決まらないこともありえます。

豊富な資金が用意できるならば別ですが、通常は売却で得た資金で新居を購入します。そのために土地の売却を優先する必要があるのです。土地の売却は物件の引渡しと代金の受け取りが済んだ時点で完了します。通常は相手が所有権移転の登記をするでしょう。その時点で資金も確定し、本格的な新居選びが可能となります。新築の場合は一定の工事期間が発生するので、仮住まいも確保しておく必要があります。

 

神戸で住み替えをスムーズに行うためには、土地の売却を優先すると共に、新居の場所探しを始めることが必要です。どちらの作業も専門家との共同作業となるので、相互の意思の疎通がなによりも大切となります。信頼できる依頼先を見つけることが、住み替えをスムーズに行うために必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
神戸の不動産売却会社ランキング!
第4位 RESTA
RESTAの画像
記事一覧