【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

不動産売却を行う目的とは?

自分名義の住宅や土地といった不動産を売る目的は、神戸でも人によって千差万別だと思います。

簡単に想像できるケースからレアケースまで色々ある訳ですが、どんな目的で不動産売却を実行するのか、その辺りを見ていきましょう。

 

不動産を売る目的は各家庭で様々

一般家庭に多い目的では、家族が増えて家が手狭になったことから、住まいを買い替えるパターンが多くなっています。

また、場合によっては自動車の購入を機に、車庫なし物件から車庫付き物件に住み替えることもあるでしょう。さらに仕事で異動となり、転勤先で新しい家を買うために、現在の自宅を手放すというのも多い売却目的です。

そして子育てが終わって子供たちも全員独立するなど、夫婦だけでは家が広過ぎる場合にも、不動産を売る場合が少なくありません。このケースでも所有している持ち家の種類や、土地の面積により、幾つかの選択肢があります。

マンションや通常サイズの一軒家であれば、そのまま売るのが一般的ですが、土地が広い一戸建て住宅なら、半分だけ売却して残りの半分で暮し続けることも可能です。土地は分筆することで二つに分けられるため、このような売却方法も可能となっています。

子育てを終えた後は一戸建て住宅もそろそろ建て替えが必要なタイミングでしょうから、とても合理的な方法だと思います。

 

不動産投資では売却目的も収益性と深く関わる

最近では賃貸経営も静かなブームとなっており、サラリーマンオーナーも珍しくない状況です。不動産投資の場合、ステップアップに伴う売却もあり、最初はマンションの一部屋からスタートして、徐々に規模を大きくするため、投資物件を売るパターンも少なくありません。

それによってアパートを1棟所有した場合でも収益性が低下すれば、利益を守ることを目的にその物件を売って投資対象を組み換えたりします。とくに入居者が減って空室が増えれば、家賃収入が少なくなりますから、収益不動産を求めて売られる場合が多いのです。

そのほか、不動産投資では建築物の劣化した場合も、売りに出されるケースが見受けられます。建物は老朽化が進むとあちこちでトラブルが発生し、維持するための費用と手間も増えてくるからです。

しかし、そんな悪条件の物件なら誰も買わないような気もありますが、場合によっては存外高く売れたりもします。個人オーナーにとってはお荷物でしかない物件でも、立地が良ければ建て替えを計画するデベロッパーには好物件となる訳です。

もちろん、建て替えやリノベーションするだけの体力がある個人投資家にとっても、魅力的な物件に映ります。そのため、傷みが激しくなってきた投資物件でお悩みなら、神戸の不動産会社に声を掛けてみてはいかがでしょうか。

 

2022年問題も売却目的に数えられる

先のことなので実際はどうなるか分かりませんが2022年を境に、不動産売却を決行する人が増えるのではないかと考えます。神戸でも所々で生産緑地などの標識が立った農地を見たことがあるかもしれませんが、この土地は営農する代わりに税制面で優遇される指定区です。

しかし優遇措置は30年間の期限付きであり、全国にある8割がたの生産緑地が、2022年に認定を受けてから30年目を迎えると言われています。つまり税金面でのメリットを目的に生産緑地の認定を受けていた場合、その利点が消えた段階で、売却に転じるのではないかという推測です。

もっとも、神戸では特別生産緑地という保全策により、税制面での優遇を継続できるということなので、期限切れの指定区が一気に売却されるとは思いません。ですが、もしも売却された土地が住宅として供給され、その量が急速に増えれば、土地の値段が大きく下がっても不思議ではないのです。

不動産市場を左右する可能性も秘めているため、神戸で何らかの不動産売却を考えている場合、目が離せない事案だと言えます。

 

住まいの引越しから不動産投資、それに生産緑地に至るまで、神戸で考えられる不動産売却の目的をご案内してきましたが、いかがだったでしょうか。

生産緑地の件はまだ先のことなので単なる考察でしかないものの、市場価格に影響しかねない内容だけに軽視できないと思われます。

神戸で不動産売却を実施する目的はこれ以外にもありますが、もしも手放すことを検討されている場合は、神戸の不動産会社へ気軽に相談するのがおすすめです。

おすすめ関連記事