【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

おさえておきたい不動産売却の内覧の知識

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/12

不動産売却を神戸で行うときには、購入希望者に対して内覧の対応をしないといけません。このための準備や対応の仕方次第で売却が決まるかにも影響するのでとても重要なことです。この記事では家を出来るだけ早く高額で売るために、内覧の対応の仕方や注意点、購入希望者に気に入ってもらうための掃除やインテリアについて紹介していきます。

不動産売却の内覧の対応の仕方について

不動産売却を神戸で始めると購入を希望する人への内覧対応も必要で、この時単純に家の中を見せればよいわけではありません。買う人にとっては大変高額な買い物となるため真剣に考えます。興味を持った人が室内を見たらイメージと違ったと感じると物件は売れない可能性があるので、それを防ぐために事前の準備は重要となります。

家を購入する人にとって、最初にインターネットなどでたくさんの物件を調べてから気になった物件だけ不動産会社へ問い合わせ、それから内覧をするのが一般的です。内覧は購入するまでに数十件以上も見る人もいたりしますが、この場合はまだ1件に対してあまり興味がない段階です。

部屋の中が汚れていたり、暗かったりすると候補から外されることもあります。これを防ぐには掃除をきちんと行い照明も明るくしておくと対処出来ます。他にも悪くないものの印象に残らないこともあるので、対応するときにアピールできるポイントなどもまとめておくと成約率も上がります。

内覧でも立ち会うときと立ち会わない時がある

不動産売却を神戸で行う時、内覧をするなら売主が立ち会う必要があるように感じますが、実は状況次第では立ち会わなくても良い場合があります。時間が取れない時は鍵を不動産会社へ渡しておくと会社の担当者が案内をしてくれますし、この時当日までに部屋を綺麗にして明るく見えるようにインテリアを工夫しておくとよいでしょう。

立ち会う時には担当者が売主側からあらかじめ伝えられた物件のアピールポイントを言ってくれますし、物件を見に来た人がなにか質問のある際はそれに答えてくれます。会社の担当者に任せた方が良いなら問題ありませんが、自分でアピールポイントが伝えられるなら立ち会った方がいいかもしれません

ただし、子どもがいる家族やペットを飼育している家族だと、対応をしている間に騒いだりする恐れもあります。この場合は他の家族が子どもやペットを連れて外出するようお願いするか、不動産会社へ依頼したほうが無難と言えるでしょう。

内覧前には掃除とインテリアにこだわること

神戸で内覧を行うときには事前に徹底して掃除をしておき、インテリアにもこだっておくと成約にもよい影響を与えます。掃除をするだけならそれほど費用もかかりませんので、徹底して細かい部分まで清掃しておくようにしましょう。

また、住みながら不動産売却をするなら、住んでいる人の生活感が感じないようにできるだけ物も少なくしておくのがおすすめです。新築もモデルルームや不動産会社が買い取りして再販する中古だと、プロのインテリアコーディネーターが家具などを選んで設置します。訪問する人もそのような物件も見ていることもあるので、見劣りしないよう費用を抑えながらインテリアにこだわるのもおすすめです。

たとえば、スリッパやタオルなどの色を統一させる、マットやカーテンなども色やデザインを揃える、花や観葉植物を飾るなどの工夫があるといいです。水回りも洗剤やシャンプーもそのままにしないで詰め替え用ボトルに入れ替えるなど、細かい雑貨なら費用もさほどかかりません。

中にはプロのホームステージングを利用するパターンもあります。これはターゲットにあわせて家具やインテリアをコーディネートすることを指し、専門の会社や不動産会社には仲介サービスで行っているところもあります。

 

不動産売却の内覧を神戸で行うときには、少しでも気に入ってもらうために事前の準備も大事です。掃除やインテリアの設置、また立ち会うときの対応の仕方でも見学する人に影響してきます。まずは、簡単にできる掃除から行ってみてから、それからプロに任せる部分を決めていくのがおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
神戸の不動産売却会社ランキング!
第4位 RESTA
RESTAの画像
記事一覧