【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

不動産売却がうまくいかないときの対策

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/25

神戸で不動産売却したい場合、いくつか気をつけておきたいことがあります。たとえば、不動産売却は常にうまく行くとは限りません。時には上手く売れなくて困ってしまうこともあるでしょう。大事なのはしっかりと対策を練っておくことです。不動産売却業者に相談する前に役立つ対策をいくつか把握しておきましょう。

不動産売却価格を変更してみよう

神戸の不動産売却業者さんに依頼したのに一向に売れないようならば、価格設定が間違っているのかも知れません。価格設定は実に大事なものですから、売れない場合には価格設定に問題があるものと疑ってみましょう。

たとえば、あまりにも市場相場からかけ離れた価格設定をしている場合、潜在的な買い手にも興味を持ってもらえません。やはり多くの人に見てもらうためにもできるだけ安く宣伝してみることをおすすめします。

価格を変更する目安は不動産売却業者さんに依頼してから3ヶ月経ってもまったく物件に対する問い合わせがない場合です。これは物件にまったく興味を持ってもらえていないことを意味していますから、思い切って価格を大幅に下げないとまったく売れなくて維持費用ばかりがかかってしまいます。

「あまり値段を下げたくない」という人もいるかも知れませんが、1割価格を下げるだけでも一気に問い合わせが来ることもありますから、まずは簡単に何時でもできるこの対策方法を試してみることをおすすめします。

不動産売却業者さんを変えてみる

売れない原因は不動産売却業者にあることもしばしばです。不動産売却業者さんによっては知名度が低くて、不動産を掲載してもらってもまったく問い合わせが来ないこともあります。問い合わせが来るか来ないかは依頼してみて初めて分かることですから、もしも依頼後に問い合わせが来ない場合には不動産売却業者を変えてみるのもありです。

不動産売却業者も神戸だと山程あるので、選択肢はいくらでもあります。後で変更しやすいようにするためにも、最初の契約時には柔軟に不動産売却業者との契約内容も検討してみるべきです。たとえば、専売契約を結ぶにしても一ヶ月毎に改定できるようにすれば不動産売却業者も変えやすくなってきます。

そもそも、売却する物件に適した不動産売却業者を選んでいるかも検討してみてください。不動産屋にもいろいろあって、マンションに強いところもあれば一軒家に強い所もあります。やはりこれから不動産屋を選ぶ際には売ろうとしている物件を専門的に扱っているところを選ぶべきです。

物件価値を劇的に高めるのもありです

物件の魅力がなくて売れないこともあります。こうした場合にはリフォーム等をして物件価値を高めるのもよいでしょう。たとえば、地下室を設ける、お風呂をジャグジーにしてみるといったことがお薦めです。こうすることでより多様な人に物件に興味を持ってもらうことができます。

リフォームといってもそこまで費用的にもかかりませんし、元は充分に取れるのでそこまで心配いりません。 他に建て替え等の選択肢もありますが、売れないようならばいろいろと試して見るべきです。

とくに効果があるのがネットオークションに持ち込むことです。ネットオークションに持ち込むことですぐに処分できるようになりますし、思わぬ高値で売却できることすらあります。

ネットオークションは少し癖のある物件であっても処分できるのが魅力的なところです。費用はかかりますが、短期間で売れるのが嬉しいところです。もし、まったく売れなくて困った際にはこのような方策も不動産屋と相談しておいてください。

 

物件が売れない場合には先述したような対策を試してみてはいかがでしょうか。いずれにせよ売れない場合には、少しでも早く行動しておきましょう。もしも早く対策すればそれだけ早く売れて余計な維持管理コスト等も下げられます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
神戸の不動産売却会社ランキング!
第4位 RESTA
RESTAの画像
記事一覧