【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

不動産売却時に必要な書類とは?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/22

不動産売却をする時は、仲介会社を通じて行うことが多いです。

その際に、さまざまな書類を用意する必要があります。あらかじめ手続きに関するイメージを確実に持つのは大切です。

 

必要な書類はチェックしておく

不動産売却には必要な書類があり、あらかじめ必要なものをチェックしておくのが大切になります。そして必要書類として売主に関するものがあります。売主であることを証明するには本人確認書類を用意する必要があります。

売主が必要なものとして、実印や印鑑証明書や住民票などがあります。印鑑証明書や住民票は役所に行って用意しておく必要があります。

不動産売買をする時は、役所に行くことが多くなります。役所までの距離などを考えて、手続きにかかる時間などを考えるのは大切です。土地に関する書類も不動産売却の時に用意します。登記済み権利証や登記識別情報などもあらかじめ用意しておきます。

不動産売却をする際には、納税に関する書類も必要となり、固定資産の納税額の証明のための書類も必要となります。固定資産税納税通知書や固定資産税評価証明書などを用意します。

不動産売買をするときは必要な手続きをイメージしておくのが大切で、それためにかかる時間の想定をしておく必要があります。

 

戸建てとマンションの違い

不動産といっても一戸建てとマンションでは、必要な手続きは異なります。一戸建ての住宅を売買する場合には、土地測量図なども必要となります。土地測量図によって土地に関することをよく分かります。

土地測量図によって土地の広さなどが分かり、売却価格の想定ができます。一戸建ての場合は土地に関する情報を示す図面を用意することが多いです。

一戸建ての売買の時には建築確認済証や検査済証なども必要になります。集合住宅であるマンションの売買の時にマンションの管理規約に関する書類なども必要となってきます。

マンションの管理規約はマンションごとに異なっています。管理規約を見ると、そのマンションでの生活のイメージができます。不動産の種類によって必要な書類は異なります。

不動産の買主の立場として必要な書類として、売主と同じく実印や印鑑証明書や住民票などがあります。登記済み権利書なども必要ですので、あらかじめ必要な手続きは役所で行う必要があります。

 

どのような手続きをするかを考えること

不動産売買の時は役所に行く必要があり、税に関する手続きも必要になります。固定資産税納税通知書なども事前に発行してもらう必要があります。不動産売買をする前には固定資産税の滞納がないかなどの確認も大切です。

不動産を購入する時はローンを活用することが多いです。ローンを活用する場合には、ローン残高証明書なども用意します。必要な手続きをするには、役所に行くことが多くて必要な時間も様々です。

不動産の売買をする時には時間に余裕を持つ必要もあります。仲介会社に不動産の売買を依頼すると、必要な手続きを代行してくれます。仲介会社を選ぶ時は必要な手続きの代行を迅速に行ってくれるかを考えるのも大切です。

 

不動産売買をする時は様々な手続きをする必要があり、登記などを行う必要があり、様々な手間がかかります。こうした手続きを仲介会社に委託することも可能です。

必要な手続きに関する知識をあらかじめ得るのは大切です。売主と買主に関する身分証明書は共通していることが多いです。ローンを活用して不動産を購入する際には、ローンに関する証明書が必要になってきます。

それぞれの手続きで行く場所は異なりますので、手続きをするためにどこに行くかを知る必要があります。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
神戸の不動産売却会社ランキング!
第4位 RESTA
RESTAの画像