【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

不動産会社との媒介契約とは?

不動産売却を神戸でおこなう際の選択肢は大きく2つに分けることができます。1つは不動産業者による買取、そしてもう1つが媒介契約と呼ばれるものです。

いずれも売却をおこなうという点では共通しているものの、中身は大きく違っています。媒介契約を中心に、どのような特徴があるのか解説をしていきましょう。

 

不動産会社に買い手探しを委託する売り方

媒介契約の大きな特徴は、買い手探しを委託できる点にあります。不動産の売却に際し、自らで買い手を探して売るという方法もあるものの、容易に見付けられることばかりではないはずです。

住宅などそうそう買い替えをするものではなく、売買の金額も大きいだけあって、おいそれと買い手との機会に恵まれるケースは稀と言えます。もっと手軽に買い手を探し出したい、そんな時に便利なのが不動産会社であり、そして媒介契約という売り方です。

この契約を結ぶことで、不動産会社が売り手と買い手を結び付けてくれるため、スムーズに売買へと漕ぎ付けることができるのです。不動産会社はチラシやホームページなどで宣伝活動をおこなってくれますので、広く物件の存在を知らしめることができるでしょう。

内見の希望者への対応や売買における手続きなども代理でおこなってもらえるため、売り手は簡単に不動産を現金化することが可能です。

 

買取よりも高く売れやすいのが魅力

不動産売却の方法には買取という選択肢もあります。スムーズな現金化を望むのなら買取の方が便利です。なぜなら不動産会社が直接引き取ってくれますので、買い手を探すといった手間がありません。

しかし高く売ることを目的にする場合は媒介契約の方が適していると言えるでしょう。一般的には買取よりも高値で売ることができ、より多くの現金を手にすることが可能です。不動産売却の際には大きな金額が動くということもあって、媒介契約をチョイスする売り手が多くいます。

したがって神戸の不動産を、満足度の高い価格で売るのなら委託をして買い手を探してもらうのがおすすめです。ただ、媒介契約の場合は、売れるまでに時間が掛かることがある点には注意した方が良いでしょう。買い手を見付け出す必要があるという特性上、すぐに売れることばかりではありません。

不動会社によって販売能力も違っていますので、営業の強くないところに委託をしてしまうと余計に時間が掛かってしまうことも考えられます。また、媒介契約には種類もあり、選択によっては余計に売れにくくなることもあるでしょう。

特に一般媒介と呼ばれる契約には注意が必要です。この契約の場合、売り手は複数の不動産会社に同時に委託をすることができるのですが、販売ができたところのみが手数料を得ることができます。自社で販売に力を入れようとも、他社の手によって売られてしまった場合は利益になりません。

それゆえに本腰を入れて販売活動をしてくれないこともあるのです。もっと販売に力を入れて欲しい場合は、1社のみと契約をする選任媒介、あるいは専属選任媒介を選択するのがおすすめと言えます。

 

不動産会社をよく選んで依頼をする

スムーズな売却を実現するには不動産会社選びに注力することが大切です。ポイントとしては、売りたい不動産に特化しているかどうかがひとつです。

不動産会社によって得意不得意があるため、例えば神戸の一戸建てを売りたいのなら、一戸建ての販売を得意にしているところに相談をした方が効率的と言えます。実績もよくチェックしてみた方が良いでしょう。

これまでどの程度の販売実績があるのかを確認し、コンスタントに利益を挙げられているところの方が販売力は優れていると判断できます。会社としての信頼性も重要です。

大事な不動産を任せるわけですので、安心をして委託をすることができるのか、実際に話しをしてみて見極めなければいけません。

 

神戸の不動産を高く売るためには媒介契約が適しています。不動産はできるだけ高額で処分をしたいと考える売り手が多いこともあり、媒介契約を結び売るケースが目立ちます。とはいえ、契約の種類によっては販売に力を入れてくれず、なかなか売れないこともあるでしょう。

また、不動産会社のチョイスを誤ることによっても、スムーズな売り方ができません。契約の選択や会社選びをしっかりとおこなってこそ満足度の高い売却ができるはずですので、売り方をよく検討しながら慎重に行動をしていくことが大切です。

 

おすすめ関連記事