【神戸】不動産の売却査定・買取に評判の不動産会社を比較ランキング形式でご紹介!【マンション・土地・家の売買におすすめ】

神戸の不動産売却会社ランキング!

神戸でマイホーム不動産売却したい

神戸在住30代のサラリーマンです。

転勤に伴いマイホームの不動産売却を検討しています。

ローンが完済していれば貸し出すことも考えたのですが、なんせ住宅ローンが残っていること、神戸に戻る予定がないこと、この2つの理由からマイホームの不動産売却を決めました。

マイホームの不動産売却をする際、少しでも高く不動産売却をしたいものですが、どこの不動産会社に依頼すればよいのか頭を悩ませました。

また、不動産売却をすると税金や諸手続きが出てくると思いますが、そういった点についても知識がなく、何が必要なのかもわかりませんでした。

なんだか面倒なことが多そうですが知らないふりは出来ないですよね。

そういった税金、諸手続きのあれこれと以下の3点にしっかり対応してくれる神戸の不動産売却・買取におすすめの不動産会社をご紹介します。

・買取まで迅速に対応してくれる
・売却後のアフターフォローをしっかりしてくれる
・仲介手数料が安い

マンションや家、マイホームの不動産売却だけでなく、相続した物件、不動産を処分し即現金にしたいという方は、是非ご参考ください。

神戸の不動産売却会社ランキング一覧!

ピタットハウス神戸の画像1
神戸エリア内ではもっとも信頼がおけると評価

不動産激戦区神戸において、さまざまな不動産売却業者の中で私がもっとも信頼できると考え、ランキング1位に選んだのは、神戸市布引町に店舗を構えている「ピタットハウス神戸三宮」です。

大手不動産会社ピタットハウスの系列であり、神戸にて10年以上店舗展開を行っているこの店舗は、多数の不動産業者との確かなネットワークを築いており、「高く買い、安く売る」にかなり強い自信を持っています。

年間査定依頼数500件という数の多さもさることながら、不動産売却において目の上のタンコブとなりがちな仲介手数料が0円に抑えられているというのも、かなり利用がしやすい店舗だと私は評価しました。

また、広告マーケティングにもかなり力を入れてくれており、専任物件成約率が90パーセントを超えるというかなり高い成果をだしているというのも売る側としてはかなり魅力的です。

対応力、コストパフォーマンス等さまざまな点からオススメできる店舗です。

おすすめポイント

Point 1. 高く買い、安く売る!

Point 2. 訪問査定や簡易査定もあり

ピタットハウス神戸三宮の基本情報

店舗情報 住所:神戸市中央区布引町4-2-6 FSビル1F
電話番号:078-272-2255
実績 専任物件成約率が90%
対応力 スピーディかつ丁寧な対応
アフターサポート 瑕疵担保責任を免責にできる

ピタットハウス神戸三宮の詳細情報

【10年の老舗店舗であり、仲介手数料0円というサービス性の高さを実現】

私が今回のランキングでこのピタットハウス神戸三宮をランキング1位にセレクトした大きな理由は、その豊富な実績を高く評価してのことです。今回のランキングでは全国的に知名度の高い業者もランクインしていますが・・・

【対応の丁寧さに定評あり!高い専任物件成約率を維持し続けています】

今回ランキングのためにリサーチした企業や店舗の中でも、このピタットハウス神戸三宮というのはかなり高い口コミ評価を獲得していました。不動産系店舗というのは扱うものの金額が高いだけあってユーザーの不平不満がダイレクトに投稿されることも珍しくありませんが・・・

【対応がスピーディだから、すぐに資金を獲得できる!価格も高い】

もうひとつ、私がこのピタットハウス神戸三宮を高く評価したいポイントのひとつが、対応それ自体のよさだけではなく、そのすばやさについてです。不動産売却において、対応の早さというのは個人的にかなり大きなポイントではないかと考えています・・・

住友不動産販売の画像1
大手グループ系列なだけであり、充実したサポート

惜しくもランキング2位となったのは、「住友不動産販売」です。

神戸エリアには、JR三ノ宮駅徒歩8分の店舗の他、中央区や長田区にもお店を持っているようです。

「住友」という名前からもお分かりなられるかと思われますが、この業者は日本国内有数の企業グループ、住友グループの系列となっており、不動産に関するさまざまな事業に携わっています。

不動産業者というのは大小問わずさまざまな企業がありますが、そうした中でも住友不動産販売はかなり規模の大きい部類に入り、その規模に比例してかサービスも充実しています

中小の不動産業者ではなかなか対応してくれないポイントもしっかりフォローをしてくれるという点は物件を売る側としてはけっこううれしいもので、さすが大手といったポジティブな印象を持たせてくれます

おすすめポイント

Point 1. 有名な住友グループの系列

Point 2. 物件が売れなくても保証額で買い取ってくれる

住友不動産販売の基本情報

店舗情報 住所:神戸市中央区八幡通4-2-18 昭和住宅・福本ビル3F
電話番号:078-291-8881
実績 利用者は9000人以上
対応力 一連の手続きを同じスタッフが担当
アフターサポート 売却後2年間のアフターフォローあり

住友不動産販売の詳細情報

【日本国内有数の大手企業である住友グループの系列店です】

■ 有名な「住友」グループ所属
この住友不動産販売、中小の不動産売却業者と比較すると、(賛否は別として)かなり口コミの数が多くなっています。その理由には、やはりこの業者の知名度・・・

【問い合わせからアフターフォローまでを同じスタッフが担当してくれる】

全体的に見れば意外と小さいことかもしれませんが、決して見逃すことはできない住友不動産販売の評価ポイントのひとつについて、この項目で解説を行っていきましょう。それはいったいなにかというと、問い合わせや実際の買取売却・・・

【物件が売れなくても、事前に提示していた保証額で買取を行ってくれる】

不動産売却の際につきまとう問題にはさまざまなものがあります。やはり不動産という非常に大きいものを扱うため、少なからず問題というのは出てきてしまうのですが、その中でも頭を悩ませるのが、「売却をお願いした物件が売れない」といった事態です・・・

三菱UFJ不動産販売の画像1
大手金融機関系列の不動産業者であり、対応力が高い

3位にランクインしたのは、神戸をはじめ関西、ならび全国的な展開を行っている「三菱UFJ不動産販売」です。

この企業の特徴は、その名前の通り、大手金融機関である三菱UFJファイナンスグループの系列であるということ。

中小企業とは異なり、企業的体力が非常に高いグループに所属しているため、資金的にも余裕があり、倒産する不安がありません。

金融機関であるため、ローンなどの事情についてよく知っているというのも強みのひとつと言えるでしょう。

また、サービスの質に関しても、他に紹介した他二社に勝るとも劣らない力の入れようであり、下手な無名の業者と比較して、大きな信頼がおけるのではないかと思われます。

おすすめポイント

Point 1. ローンなど金銭の事情に詳しい

Point 2. 不動産情報検索サイトへの掲載をしてくれる

三菱UFJ不動産販売の基本情報

店舗情報 住所:神戸市中央区西町36 三菱UFJ信託銀行神戸ビル8F
電話番号:078-321-6251
実績 創業1987年からの長い実績
対応力 ほとんどのスタッフが宅地建物取引士を保持
アフターサポート 不適合箇所の補修料を5万円まで負担してくれる

三菱UFJ不動産販売の詳細情報

【金融機関の国内大手企業の系列なので、信頼がおける】

■ 大手銀行と同じグループ
このランキングでは、あまり名の知られていない中小よりも、どちらかと言えば知名度の高い企業の系列となっている不動産業者を多く紹介しています。やはり、大手系列企業というのは一定の信頼性を獲得できているからです・・・

【営業スタッフの質に自信あり、スタッフのほとんどが宅地建物取引士を所有】

この三菱UFJ不動産販売に関して、他とは異なる長所として評判となっているのが、営業スタッフの質についてです。どうやら、この業者の営業は、なかなかレベルが高いという評価がなされているようです。物件の売却を考えている場合・・・

【周辺相場のリサーチから売却手取り試算まで、ネット上でさまざまなデータが見れる】

■ 公式HPに便利な機能が
これは実際に高額で物件が売却できるか、といったポイントとは少々異なるかもしれませんが、個人的に「いいな!」と思った箇所があったので、これについても触れておきます。それはいったい何かと言うと・・・

第4位 RESTA
RESTAの画像1
リフォーム業者が行う不動産売却サービス

4位にランクインしたのは、「RESTA」という業者です。

事務所は神戸市西区となっていますが、明石市の案件にも対応しているようです。

この業者は先に紹介した3業者とは異なり、大手の企業系列というわけではありません。

しかし、不動産のリフォーム事業も並行して行っているということで、神戸エリアでは大手に負けじとそれなりの存在感を保っているようです。

この企業の特徴としては、リフォーム業者であるということを活かしたユニークなサービスを数多く行っているということです。

とくに、売却後の物件をリフォームしてくれたり、ある程度のリフォーム価格を負担してくれるというのは、年代ものの物件を売却したいという方にとっては相性がよいと言えるかもしれません。

おすすめポイント

Point 1. 不動産のリフォーム事業も行っている

Point 2. 宣伝方法が2つあり選択可能

RESTAの基本情報

店舗情報 住所:神戸市西区池上4-29-2
電話番号:0120-520-416
実績 リフォーム実績が4,000件以上
対応力 最短即日で見積もりをするほどの速い対応
アフターサポート デザインをリフォームしてくれる

RESTAの詳細情報

【売却物件の修繕ならびリフォームに関しても対応、売却後の対応も】

零細レベルの業者から国内有数大手系列の業者まで、まさに玉石混交とも言える不動産業界を生き残るため、このRESTAという企業はかなりユニークなサービスを展開しています。その中のひとつが、物件売却後のフォローに関してのものです・・・

【スピーディな対応も可能、簡易査定であれば即日の算出も行ってくれる】

また、そうしたリフォームに関してだけではなく、対応の速さについてもRESTAでは他業者に負けじと力を入れているようです。やはり、売却のためのスピードというのは不動産業者にとって重要な課題のひとつと言えますから・・・

【プロデュースを任せるか、自分で行うかどちらかを選ぶことができる】

■ ふたつの宣伝方法を選べる
このRESTAが提供している不動産売却サービスに関するもっともおもしろいポイントは、売却する物件のマーケティングやプロデュースに関するものです。こうした部分は物件が売れ・・・

神戸リアルティの画像1
新興企業でありながら、口コミでの評価がなかなか高い

このランキングのラストとなる第5位にランクインしたのは、「神戸不動産リアルティ株式会社」です。

場所は神戸市西区谷町の方にあり、その中心地域と明石市を事業エリアとして定めているようです。

この企業は今まで紹介した大企業系列の企業と比べると、かなり若い会社となっております。

資本金も750万円と少なめで、社員数も12名といわゆる少数精鋭となっているようです。

そんな、いわゆる新興の企業ではありながら、周辺地域での評判はなかなかよろしいようです。

対応の親身さをほめる声や、相談を受け付けてもらって助かったといったような好評の声がネット上でも見られました。

そうしたポイントを考慮し、今回のランキングにもランクインさせていただきました。

おすすめポイント

Point 1. 地域密着型企業

Point 2. 公式インスタグラムのアカウントあり

神戸リアルティの基本情報

店舗情報 住所:神戸市西区伊川谷町有瀬45-13
電話番号:0800-812-8525
実績 査定実績が豊富
対応力 若いスタッフが多く親しみやすい
アフターサポート 瑕疵の責任なし

神戸リアルティの詳細情報

【若いスタッフが中心となっているから、気軽に相談を行うことができる】

■ 若い会社だから人材も若い
この神戸リアルティに関しては、今まで紹介してきた大手の歴史ある企業とは大きな違いがあります。この会社はまだまだできたばかりの会社であり、そういった意味ではある種のニューフェイス的な企業とも言えるかもしれません・・・

【まだ新興の企業であるからこそ、親身な対応が期待できそう】

神戸リアルティという会社はピタットハウス神戸や住友不動産販売のような、古い歴史を持つ企業といったわけではなく、まだまだできたばかりの会社のようです。ですので、今までに紹介を行ってきた会社と比較してみると・・・

【地域密着型であり、神戸エリアの特別な情報を持っている可能性も】

また、神戸リアルティは大手企業系列のように全国展開を行っているというわけではなく、神戸各区と明石市に的を絞って事業を行っているようです。純粋に事業包括エリアを見ただけでは、ただ単に「応じてくれる地域が狭いからダメ」ということになってしまうかもしれませんが・・・

神戸で不動産売却するならピタットハウス神戸三宮


神戸エリアの、不動産売却におすすめの不動産会社第1位に選んだのはピタットハウス神戸三宮です。

その理由は何といっても高く早く売却できる点です。

不動産業者とのネットワークが広いだけでなく、専任契約率90%以上なので、不動産売却の営業広告活動に力を注いでいるので早く高額買取が実現できるのです。

また、ピタットハウスは仲介手数料0円なので、少しでも多く現金を残すことも出来ます。

後々ご紹介しますが、不動産会社によって、仲介手数料も違えば、不動産に対する営業広告活動の取り組み、活動中の報告や連絡、相談といったアフターフォローまでも違うのです。

そういった点を比較して神戸で不動産売却をするなら、私は、ピタットハウス神戸三宮が1位だと思いました。

神戸で不動産売却をする際に、抑えておきたい不動産会社の比較ポイントをご紹介します。

不動産会社を比較する際の基本


不動産売却からアフターフォローまで信頼できる不動産会社を比較する際、一番最初に確認するのが不動産会社の免許番号です。

不動産の売買、仲介には宅地建物取引業の免許が必要です。

免許がなければ、不動産の売買、仲介は出来ないのです。

宅地建物取引業は以下の2点を指します。

①自らが行う宅地や建物の売買や交換

②売買や交換、賃借をするときの代理や媒体を業として行うもの

この免許番号を確認することで、きちんと不動産の売買、仲介ができる信頼出来る不動産会社なのかを比較し確認することが可能で、無免許の不動産会社との危険な取引を防止することが出来ます。

宅地建物取引業の免許の有無を確認する方法は、宅地建物取引業の免許を交付することが出来る2つの行政機関によって変わってきます。

・国土交通免許(各地方整備局等の管轄区域に本店が所在する国土交通大臣免許の業者)

・都道府県知事免許(各都道府県知事免許の業者・各都道府県に本店が所在する国土交通大臣免許の業者)

の2種類です。

宅地建物取引業の免許を交付した機関に直接足を運べば、宅地建物取引業者名簿を閲覧することが出来ます。

今までの実績や過去の行政処分歴について無料で調べることが出来ます

不動産売却をするならきちんと宅地建物取引業の免許のある不動産会社を選ぶことが必須です。

きちんと免許があるか確認することをおすすめします。

不動産会社の規模は?不動産会社の広告活動を比較


宅地建物取引業の免許があることが確認できたら安心して、いよいよ不動産売却をお願いする不動産会社を比較することが出来ます。

まず気になるのが不動産会社の規模です。

テレビCMでよくみかけるような大きな不動産会社もあれば、こじんまりと商店街に不動産会社を構えている不動産会社もあります。

不動産会社の規模を比較して悩まれる方も多いのではないでしょうか。

大きな不動産会社は名も知れているので、個人的になんだか安心感があります。

そう感じる方は、きっと多いですよね。

不動産売却をする際に不動産会社の規模はあまり関係ないと言えます。

大手の不動産会社でも、そうでない不動産会社でも、その地域、エリアで抱えているお客様、不動産を購入したいと考えている方を情報として抱えています。

ただ、不動産会社の規模を比較する際に、大切なポイントは、不動産売却したい不動産をどの様に宣伝して売り込んでくれるかです。

不動産会社は、売却したい不動産を持っている方から、売却、仲介の依頼を正式に受けた後に国土交通大臣から指定を受けた不動産の指定流通機構「レインズ」に依頼のあった不動産の情報を登録し公開します。

レインズに情報公開しただけで、購入者が見つかる確立は極めて低いと考えられます。

そこで、不動さん会社を比較する際、広告活動を行ってくれるかどうか、どんな方法を行っている不動産会社なのかが大切です。

広告活動を熱心に行ってくれる不動産会社を選んだほうが、早く不動産が売却されるからです。

不動産売却仲介手数料はいくら?手数料無料もある?


不動産売却の契約を不動産会社と結び無事売却が出来た際、仲介手数料が発生します

この仲介手数料に含まれるのは一般的に、不動産を売却する際に行った活動とされています。

例えば、情報サイトに売却したい不動産情報を掲載したり、チラシの作成費やチラシのポスティングにかかる費用なども含まれます。

不動産が1日でも早く売却出来るように行ってくれた活動費なら、仲介手数料を支払うのも仕方ないと思いますよね。

けれど、その仲介手数料は大きな出費です。

仲介手数料の金額は、一体いくらなのでしょうか?

仲介手数料の金額の上限は、宅地建物取引法により定められてて、売買価格によって変わってきます

下記の場合、売買価格に消費税は含まないが報酬額には別途消費税がかかる。

<売買価格>仲介手数料の上限

  • 200万円以下・・・取引額の5%以内
  • 200万円以上400万以下・・・取引額の4%以内
  • 400万円超・・・取引額の3%以内

売買価格が400万円を超える場合、(売買価格×3%+6万円)+消費税=仲介手数料になります。

【売買金額 仲介手数料(税込) 内消費税額 手数料 算定根拠】

売買金額 仲手数料(税込み) 内消費税額
1,000万円 388,800円 28,800円
2,000万円 712,800円 52,800円
3,000万円 1,036,800円 76,800円

比較するとかなり仲介手数料の料金は高額になるケースがあることが分かります。

不動産会社の中には仲介手数料が以下のように記載している会社もあります。

【上限】【半額】【無料!】

仲介手数料と比較した際、、ピタットハウス神戸三宮のように不動産売却手数料を無料にしている不動産会社もあるのです!

不動産売却を考えている方は、比較ポイントとして仲介手数料の比較をおすすめします。

3つの媒介契約メリットデメリット


宅地建物取引業の免許の有無の確認、しっかりと営業活動を行ってくれるか?

仲介手数料は無料なのかどうかの比較に続いておすすめする比較ポイントは媒介契約です

この媒介契約によって営業活動も変わってきます。

依頼する不動産会社が決まった後に結ぶ媒介契約ですが、不動産会社を比較し検討している段階で、媒介契約はどんなものがあるのか見ておきましょう。

媒介契約には以下の3種類があるのでそれぞれを比較します。

・一般媒介契約

・選任媒介契約

・専属媒介契約

この3つを比較したとき、大きな違いは、契約できる不動産会社の数と、不動産売却をしたいと考えている人が自分で買主を見つけることができるかどうかです。

一般媒介契約は、複数の不動産会社と契約することが可能で、また自分で買主を探すことも出来ます。

選任媒介契約は、不動産会社は1社としか契約出来ませんが、自分で買主を探すことは出来ます。

専属専任媒介契約は、不動産会社は1社のみの契約で、自分で買主を探すことは出来ません。

こうしてみるとイメージがしやすいかと思いますが、専属専任媒介契約はその字のごとく、不動産会社1社にすべてをお任せする契約になります。

では、この3つの媒介契約を比較した場合、どの契約が不動産を売却したい人にとってメリットが大きいでしょうか。

比較すると、一見、複数の不動産会社と契約出来る一般媒介契約にメリットが多そうですが、当然ながらデメリットも存在します。

■ レインズの登録は?任意?義務?

不動産会社は、売買する情報を掲載した指定流通機構「レインズ」に情報を掲載してすべての不動産会社がその売却情報を見ることが出来ます。

自分で買主をみつけることは容易なことではないですし、このレインズを活用したらすべての不動産会社が目にするわけですから、買主が見つかりやすくなります。

レインズの登録は、仲介会社とどんな契約を結んだ場合でも利用できるとは限りません。
・専任媒介契約の場合は、媒介契約を締結した翌日から数えて7日以内
・専属専任媒介契約の場合は、媒介契約を締結した翌日から数えて5日以内

にレインズに登録しなくてはならないと義務つけられています。

期日まで定めらているのは、大きなメリットですね。

一般媒介契約の場合は、レインズの登録は任意となっています。

要するに、レインズに情報が掲載されるとは限らないので、買主を探すことが難しくなるということです。

レインズへの登録について比較した際、一般媒介契約の場合は任意だというのは大きなデメリットだと感じました。

■ 媒介契約後のフォローは?

また契約した際、売主への現状・業務報告などについてですが一般媒介契約の場合は、売主への報告義務など特に定められていないようです。

これもデメリットと言えるでしょう。

媒介契約をお願いしても、実際その不動産が売却されるよう活動してもらえているかどうかも不透明で分かりづらく、下手をしたらそのまま放置という可能性も0ではないのです。

アフターフォローが無いかもしれないとなると媒介契約をする意味すら分からなくなってしまいますね。

複数の不動産会社と契約するのなら、どこかで活動しているだろう、という感じになるのでしょうか。

消極低な印象がとても強いです。

一般媒介契約と比較して、メールや電話などでの報告が以下のように義務つけられています。

・専任媒介契約は2週間に1回以上

・専属専任媒介契約は、1週間に1回以上

媒介契約を結んだ後のアフターフォローが専任媒介契約と専属専任媒介契約には義務つけられているというとても安心なメリットがあります。

■ 媒介契約の期間は?

媒介契約の期間を比較してみましょう。

宅地建物取引業法において媒介契約の期間は以下のとおりです。

・一般媒介契約・・・期間の定めなし

・専任媒介契約・・・3ヶ月以内

・専属専任媒介契約・・・3ヶ月以内

専任媒介契約と専属専任媒介の有効期限の更新は売主から希望がある場合のみ更新できるとされています。

3つの媒介契約を比較してみると、3ヶ月以内と定めている以上、一般媒介契約と比較して専任媒介契約と専属専任媒介は3ヶ月以内に売却でできるような営業活動をしてくれるであろうというプラスな印象がありました。

不動産売却をする際の不動産会社を比較する際は、アクティブに営業活動してくれる不動産会社を選びたいですね。

不動産売却時の気になる税金

不動産を売却すると税金がかかります。

不動産を売却して、得をした部分「利益」に対して税金がかかります。

譲渡所得といいます

譲渡所得は、不動産売却をした金額ではなく、利益ということに注意が必要です。

不動産を売却した金額から、不動産を購入したときの価格、購入したときにかかった費用、売却をしたときの費用を引いた残りが、譲渡所得になります。

不動産を購入したときより値上がりしていれば、プラスで所得ですが、反対に不動産を購入したときより値下がりしていればマイナスで譲渡損失となります。

譲渡所得があった場合、所得税と住民税がかかります。

その際、不動産の所有期間が5年以上か5年以下かによって税率が変わります。

・所有期間5年以下 39.63%

・所有期間5年以上 20.135%

・所有期間10年超え(軽減税率の特例を受ける場合)14.21%

今回、私が不動産売却を考えているのがマイホームです。

マイホームの場合、譲渡所得から3,000万円を差し引ける「3,000万円特別控除」があり、下記のような計算になります。

(譲渡所得-3,000万円)×税率=増額

マイホームを売却して3,000万円より下回れば、税額がゼロになります。

詳しくは、国税庁のホームページをご覧ください。

参考:国税庁 譲渡所得・マイホームを売ったときの特例

後悔と損のない不動産売却を!


不動産場売却をする際の不動産会社の大きな比較3つのポイントとメリットデメリットをご紹介しましたがいかがでしたか?

宅地建物取引業の免許があるのは、大大大前提ですが、仲介手数料がかかるのか、正規料金なのか、ピタットハウス神戸三宮のように無料なのか、この比較の差は大きいと思いました。

正規での仲介手数料だと3,000万円の売却で仲介手数料約100万円です。

不動産会社が違うだけで100万円も違うなんて驚愕の事実ですよね。

また、不動産会社と契約する際の契約の種類をきちんと確認することをおすすめします。

契約内容によって、営業広告活動の内容も変わります。

営業広告活動が変わると、売却までの期間がかわるからです。

また、契約後のアフターフォローも変わってきます。

マイホーム、土地などの不動産を売却しようと心に決めたら、少しでも高く、1日でも早く売却したいですよね。

後悔と少しの損もない不動産売却をするために、私が神戸でマイホームの不動産を売却するにあたり調べたことが、少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

記事一覧

不動産を売りたいとなった場合、早く処分を済ませたいと考えることもあります。住み替え先の購入費用を捻出したい、現 ・・・[続きを読む]
これから神戸で不動産売却業者を見付けたい、そんなときにはまず口コミを確認するという人もいるのではないでしょうか ・・・[続きを読む]
自宅などの不動産を神戸で売る時は、業者が提示してくれる価格に意識も集中しがちですが、どのようにその金額を導き出 ・・・[続きを読む]
不動産を売却することになって、不動産会社に依頼して売却を行ってもらっているのになかなか売れないということがあり ・・・[続きを読む]
神戸で不動産売却をお考えの方は、その後の確定申告についても理解しておきましょう。申告は投資用の不動産だけと考え ・・・[続きを読む]
不動産買取を利用するときに注意しておきたいことの一つが、大きな出費となることも多々ある税金に関してのことです。 ・・・[続きを読む]
神戸で不動産売却をしたい場合には、媒体契約を行うのが普通になります。ただ、媒体契約といっても1種類ではなく 3 ・・・[続きを読む]
不動産売却を神戸でおこなう際の選択肢は大きく2つに分けることができます。1つは不動産業者による買取、そしてもう ・・・[続きを読む]
不動産売却をする時は、仲介会社を通じて行うことが多いです。 その際に、さまざまな書類を用意する必要があります。 ・・・[続きを読む]
不動産売却をおこなう場合は、利用する会社によってはもしかしたら損失が発生してしまうかもしれません。だからこそ神 ・・・[続きを読む]
神戸で不動産売却をする場合には、良い不動産業者を見つけることが重要になります。ただ、よほど不動産売却に慣れてい ・・・[続きを読む]
兵庫県神戸市で、不動産売却をしたい場合は、個人的に売却を行うこともできますが購入希望者がいない場合には不動産会 ・・・[続きを読む]
兵庫県の神戸市で不動産売却を考えているならば、不動産業者に依頼するのがよいでしょう。 この時仲介手数料がかかり ・・・[続きを読む]
自分名義の住宅や土地といった不動産を売る目的は、神戸でも人によって千差万別だと思います。 簡単に想像できるケー ・・・[続きを読む]